自分の子育てに軸を持っていますか?

子どもの生きる力=非認知能力 を育てる
これこそ 今 親に求められているということだと思います。

表現力・選択判断力・コミュニケーション力・社会適応力
など、この変化の激しい多種多様な社会の中で生きていくために
必要な数値化できない能力をどう育てていくかがとても大切です。

自分で 自らの人生を切り開いていける
心の強い子どもに育てるためには
特別なことをするのではなく
まずは 親が 毎日の環境と習慣を考え
行動する事がとても大切になります。

子どもは 親に与えられた環境で 育ちます。
親が与えた習慣で 育ちます。

毎日の環境と習慣を考えていない親の元で育てられれば
それなりの子どもが育ちます。
しかし 実は それが全て悪いわけではないのです。
特別にすごく悪い環境でなければ、ということですが…。

※ 特別な悪い環境の例はこちらに書きました。
子どもは育った環境でその後の人生が変わる

特別なことをするのではなく
考えをもって 親が行動しているかどうかということが
暮らしには 表れます。

例えば、
子どもにできるだけ構わないで
たくましく育てたいと思うならば それも良いのです。
放っておけるという環境と
自分でやらせるという習慣を身に付けさせる、という
親の考えと軸があるからです。
そのために特別な声掛けなどもしない放任主義というものではなく
見守るということ、それに徹していられるならば
それも良いと思います。

しかし 時々口を出したり 急に変に構ったり
親が迷っていて ふらふらしていると
子どもにもそれが伝わり 振り回されて
子ども自身も自信が持てなくなります。

親が軸を持つことが とても大切なのです。
子どもの年齢と共に 軸は変化していっても良いのですが
軸の芯は 基本的には変えない。

ひとりひとりの子どもの役割は違います。
その子供に何が必要なのか?
その子が幸せになるためには
自信というものを一つだけでもよいから
身に付けさせてあげて欲しい。

そのための環境と習慣を
できる範囲で 整えてあげて欲しい。

親が思うように子どもは育たないものだけれども
「生きる力」は 自信さえがあれば 強くなり、身につくもの。

自信を持った天狗になる様な子を育てたっていいのです。
そういう子に育てるには
親自身も 自分の軸をもって 自信を持つことです。

余談; ⇊ 新聞によると
時間に追われ、自信のない子は 便秘になりやすいようです^^
堂々としている子は マイペースでいつでもトイレに行きます。
最近では 学校のトイレの形を変えて 子どもが恥ずかしくなく
トイレに行きやすいようにしているそうです。
でもこの考え方はどうなんでしょうかね。
世界でそんな国が他にあるのでしょうか?
自信のない日本の子どもが増えないことに願っています。

img_7654

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中