子育ての環境を考える。育った家が今の仕事の原点【クリエイティブディレクター 佐藤可士和より】


家族それぞれが 部屋に閉じこもらず 自由に使い道を考えられる空間の 20畳ほどのワンルームで育ったという佐藤可士和氏。
まさに 小さい頃の住まいが 今の彼の仕事の原点になっているそうです。

建築家であった父親が 暮らし方を考えて 
家族4人がお互いの場面を共有できるワンルームの家にしたそうです。
そこで空間の面白さを知った可士和少年。

小さい頃の身体中で感じたものは 一生忘れないもの!
親が与えられる環境は 子どもの意志がかたくなになる前の
限られた期間だけなのです。

交友関係が広がると 自分の育った環境を基にして
自分で環境を選んでいきます。

親が楽しんでいる住まいは 子どもも楽しいのです。
親の思いを無邪気に感じてくれるのが子どもです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中