yuko-ikenoue について

住まいを通して前向きに自分らしく 楽しく生きることを応援する 建築設計・総合コンサルティング会社です 詳しくはこちらへ. http://a-k-s.jp/

60代から楽しむ初めてのYouTube挑戦! 聞く読書の時代になった!

YouTubeに初めて自分の動画をアップしてみた。

しかし その動画の内容は 私の特別な動きがある訳でも無く ただしゃべっているだけ。
動画でなくてもよいようなもの~(笑)それでも 人柄や雰囲気は伝わるのかなあ~っというような感じでやってみた。

今回はお試し的に作ったので 緊張感もなく 自然体で勝手なことをしゃべっている。
だから スキマ時間に聞いてほしい、くらいに思っている。
そう、見て欲しいのではなく 聞いて欲しいのだ。

https://www.youtube.com/channel/UCcHypxzmBB31sLyZLkqeZMw/playlists


耳からの情報を得る事は 視覚情報より早いらしい。
私自身も 歳と共に 読む事よりも 音楽を聞く感覚で『ながら族』の様に
文字を聞いている方がラクになってきた。
そして 書くことより 話すことの方がラクになった!
ブログも読むより 聞いている方がラクだし 何よりも時間が有効に使える。
ネット検索さえも ブログの言葉より動画タイトルにヒットすることが多くなってきた。
調べ物も 説明文を読むより 動画の方が分かりやすい場合が多々ある。

自分自身がそうだから感じるのかもしれないが
最近は世の中の人たちも そういう人が増えているのではないかと思っている。
それは 今から50年位前に ラジオを聴きながら勉強したり作業していたころにも似ている。

私が最近買った書籍(ビジネス書)にも 書籍とともに音読データが送られてきた。
家事をしながらでも 横になりながらでも 聞ける。
イヤホンを付けていれば 電車の中で立っていても読める。いや聞ける。便利だ!
まさに 聞く読書の時代になった、と感じている。

そんなわけで、私も聞いてもらうために お試しYouTubeデビューをしてみた!〜笑

https://www.youtube.com/channel/UCcHypxzmBB31sLyZLkqeZMw/playlists

まだまだ 改善点満載だけれども
何事も行動してから 改善していけば良いと思っている。

思っていて行動しない事は なにもしない事に等しい!
60代は 「人生は常に終わりに向かっている」ことを感じられる年齢だ。

そして 仕事も どれだけ長い時間をかけたのかでは無く
その瞬間に注ぐエネルギーとその質が 一番大切だと思っている。

いくつになっても 新しいことに挑戦できることは 本当に幸せだ。
まだまだこれからも新しいことに挑戦していく体力と精神力を鍛えておきたいと
改めて思ったYouTubeデビューである。

男女に関係なく活躍できるジェンダーレス時代、暮らし方も柔軟に変わる。

履歴書に 男女を入れる項目がなくなる!そんな時代になってきました。
(性別欄廃止ニュース コクヨのニュース

仕事の職種も 男の仕事、女の仕事、と分けられる事が少なくなってきました。
日本社会ではまだまだ確立されていない概念のジェンダー(社会的性差)レスという考え方ですが 男らしさ女らしさをたたえる価値観は薄れ、男女に関係なく 個人を尊重する志向がより高まっていることは確かです。

女性の社会進出が当たり前になり 子育て世代の7割が共働きになってきた今、そしてコロナ禍で働き方がますます変わって来た今、家庭に於いても 男女の役割のあり方は 普通というものがなくなってきました。
これからは 男女という性別ではなく、ひとり1人を尊重した上で それぞれがどうしたいかがより大切になってきたのです。

『男子厨房に入らず』などということは もはや時代遅れも甚だしいと思っています。子育ても主婦に任せる時代ではないのです。
日々の子育てに関わる父親の姿は ごく普通であり 保育園の送り迎えも 今ではお父さんがとても多いですよね。

弊社は まだ女性が子育てをする事が当たり前だった時代に 女性建築士が子育てしながらも活躍できる様にと 女性が働きやすい会社として設立しました。
 しかし 今の子育て世代は 男女関係なく子育てをする様になりつつあります。
ですから 弊社の考え方も時代遅れになりつつあると最近は思っています。

男女の違いではなく 親としてそれぞれの得意な事を分かち合う事が好ましくなってきたのです。だから 暮らしを知り、暮らし方を考えて設計できる建築士として 男女関係なく 仕事ができる人を弊社は求めています。

働き方も変わりました。在宅勤務がスタンダードになり、副業も広がっています。
副業で自分の力をより活かしたいと思う人、本業をしながらも建築の世界に挑戦したいと思っている人、これからいろいろな可能性に挑戦したい人を 弊社も求めています。

時代はどんどん変化しています。今までの事も、これからの時代に求められているものも大切にしながら ひとり1人の暮らし方を考えながら 変化に対応して柔軟に暮らす「適応力ある住まい」を追求していきたいです。 

工事をしないという選択を勧めるわけ

週末の休日に 一昨日、リフォームの打ち合わせをしたお客様から電話がありました。
『何回も打ち合わせをしてきたのに申し訳ないけれども やはりリフォームはやめる事にします』
2日間じっくり考えた末に 覚悟を決めてかけてきた様子の口調でした。
私は正直言えば、その電話は 驚きもせず、かえってほっとしました。

実は 私は このお宅はリフォームをするべきではないと最初から思っていたからです。しかし、依頼者である70歳近いご夫婦は リフォームをする事が 今の生きがいであり、とても楽しみにしている事も分かっていたので 私から仕事を断る様な事は言わなかったのです。

それは 今まで すでに数社から『工事はできない』と断られていたにも関わらず どうしてもやりたいという依頼者の強い気持ちがあって 最後の望みを弊社に託してきた事を知っていたからです。依頼者自身が納得しない限り なんとしてもやりたいという諦められない状態にあったのです。

他の業者が断ってきた理由は すぐに分かりました。そのお宅は 言いにくいけれど 誰が見ても 本来ならば解体すべきくらいの年数が経った古い建物で、粗雑な作りでした。その上、素人による追加を重ねた違法増築がされていて どう手をつけたら良いか分からない程、とても危険な状態でもあったのです。ですから 工事をするとしても 高額な費用がかかり リフォームする意味があるとはとても思えませんでした。立て直した方がずっと安全で安心して暮らしていけるだろうと誰もが思う建物だったのです。しかし どの業者にも断られても あきらめずにリフォームを希望するには 何か理由や思いがあるからだと私はなんとなく考えました。

そこで いつも通り どのお客様にも質問するように これからの夢をお聞きして いろいろな問題点や実現の可能性を示し、費用についても一つ一つ丁寧に説明する事で 依頼者の本当の気持ちをずっと探るように考え続けました。

リフォームするという事は これからどう生きたいかという表れでもあります。
それは家の形をどうするかという事だけではなく
高額のお金をどう使うかという事でもあります。

ほとんどの人にとって 人生の中で一番高額な買物かもしれない家作りは
そこで暮らす家族の これからの人生を大きく変えていくものでもあるのです。

しかし 今回の依頼者は なぜか一次的な今だけの夢をリフォームにかけているように見え、先々のことまで考えてのこととは思えなかったのです。
歳を重ねてからの高額の出費は 余裕金でない限りは いかに有効に使うかをより熟慮してほしいと思ってしまいます。 
そこで 私自身が 依頼主がリフォームしない場合でも 考えられる生きがいある暮らしを勝手に想定して 今後のいろいろな可能性のフローチャートを考えることにしました。

そのようなことは 依頼者には全く話しませんが、お話を伺っている時々のタイミングを見ながら 少しずつフローチャートにそって話をしていきました。
どのご家庭にも その家族にしか分からない物語があります。そのほんの少しの部分を共有させていただきながら その方の本当の幸せを大切に思い 暮らしを一緒に考えていく事が 私のコンサルティングという仕事であり とても大切だと思っています。
今回の依頼者にも 予想を超えた家族の物語が多々ありました。
だからこそ、頼まれても工事をしないということが
依頼者の納得できる選択になることもある
のです。

住まいは生き方が表れます。
新築したり リフォームするという事は これからをどう生きるかという事の表れでもあるのです。

今回の依頼者が 今の家のリフォームを断念した事自体は良かったと思っていますが
現時点では これからの生きがいや楽しみがなくなってしまったのではないかと 今の私にはとても気になりました。
私の住まいのコンサルティングの仕事自体は終わりましたが 今回のご夫婦には
私の勝手に考えていたフローチャートの先を もう少し示したいと思っています。

ちょっとしたことで Withコロナを楽しむ(^^♪

新型コロナウイルス感染予防のための自粛生活も長くなりました。
人と会って食事をしたり、雑談したり、大声で笑ったりという 人として当たり前だったコミュニケーションがすっかり制限され、マスクの下の口元の表情が見えない会話で過ごすこともありますね。自宅で過ごす時間が多くなると「運動量の低減」「コミュニケーション頻度の低減」「無気力感・孤独感の増加」このようなリスクも生まれてきました。
皆さんは どうしていらっしゃいますか?

コロナは完全に想定外の出来事ですが、いずれコロナ騒動が収束しても、いつまた別の大きな災害や不況が襲ってくるか分かりません。このような状況がきた時、今は家族やパートナーがいる方も いずれはおひとりさまになる可能性もあります。そして すでにおひとりさまの方でも 今の若さがずっと続くわけはありません。いつまでも なんでも自分一人でできるとは限りません。これはコロナ状況だけではなく これからの高齢化社会が抱える日本の問題でもあります。
そんな中、私は「心身ともに健康で安心して暮らす」を実現するために本当に必要なものは 「情報」と「つながり」だと改めて感じています。

こんな状況でも 自宅にいる時間が長くなっているせいなのか、自宅を少しでも快適に過ごせるように直したいというお客様からの連絡を アキ設計ではたくさん頂いています。
例えば 家中の取手を使いやすくしたい、カーテンを変えたい、毎日使う蛇口を新しくしたい、いつもと違う場所のルームリフレッシュをして欲しい…など、大がかりなことをしなくても ちょっとした工夫で快適にできることの依頼があります。そんな連絡をくださるお客様たちは 自分たちの暮らしを大切にしているんだなあと嬉しく思っています。
自粛生活を楽しむためにも家を気持ちよく整えることって とても大切です。


私はいつも話していますが、家は建てて終わりではありません。リフォームして終わりでもありません。そこから始まる暮らしを大切にして欲しいのです。だから アキ設計は その後も 必要な時に必要なだけ 関わったお客様をずっとサポートしてきています。
※ アキ設計の暮らしサポートの情報はこちら⇒ 暮らしサポート

客観的に見れば、設計者がその家の暮らしに そこまで関わるのかと思われる事も 必要とされるならばやっています。それは 『いつまでもずっと自宅で安心して楽しく暮らしていたい』と望む方が必要としているならば、私たちが出来ることは何でもしていきたいと思っているからです。それは 私のやりがいでもあります。

このコロナの収束が見えない状況の中で 今必要なことは
いろいろなコロナ対策に気を付けながらも
いかにコロナと共存しながら 自分で楽しむかなのです。

大勢の人と会ったり、クラスターが発生する密な空間は避けつつも
自粛している者同士が気を付けながら会うことは必要です。
リアルなつながりは リモートでは得られないものがたくさんあるからです。


そして 視聴率の競争で制作されているテレビ番組からの与えられた情報だけに頼らず、
自分で調べたり考えたり聞いたりと確かな情報を得ることを自分自身で心掛けること
非常に大切です。

withコロナといわれている今、どうしても考えや行動が委縮されやすくなりました。
でも こんな時こそ 自分がやらなくてよいことはやらない。
自分だからやりたいことはやる。
人間関係も 数ではなく 本当に必要な人とつながることをこころがけましょう!

コロナの偏った情報に振り回されず これから先の将来のことを まじめに考えて
自分を楽しませましょう!

心身ともに健康で安心して暮らす」を実現するために本当に必要なものは 「情報」と「つながり」です。

人生のシナリオを創ろう!

生きているときに
『俺はすごいだろう』『私って素敵でしょ!』ということには
あまり価値はないように思っています。
それは、他人に対しての自分の位置づけを
自分が勝手に思い込んでいるだけだからです。

人生の勝負は 死んだ後に 他人それぞれによって表れるのかもしれません。
そして 死んだ後は 自分自身の勝負などは どうでもよい気がします。
そもそも、人生に勝負などというものはないのかもしれない、とも思っています。

それよりも 今、自分に対して自分が 一番心地よく生きることが
とても大事だと私は常に思っています。
そのためには なりたい自分のシナリオを創ることです!

ノーベル物理学賞を受賞した江崎玲於奈氏(95歳)の
生涯現役の豊かな人生の秘訣のお言葉!
人間の一生とは 自分が主役を演じるドラマであり、
シナリオが問われることになる。

年齢に応じ、能力が最大限に発揮できるシナリオを創作し、
それに従って活動すること

それが 人生100年時代を豊かに生きる秘訣らしいです。

自分の人生のシナリオを創り、
そのシナリオを実践していくためには
まずは なりたい自分のシナリオを創らなければなりませんよね。

このシナリオは
私がいつも 設計の前に お客様に聞いている『夢の実現』と同じです。
『これからどんな暮らしがしたいのですか』をお聞きしていることです。

シナリオに向かって活動するためには
一つひとつのその都度の行動の選択が左右しますよね。
常に 自分がしていく選択は
自分の人生のシナリオの行動ということになるからです。

例えば、
今日食べているもので 自分の身体はできていくのですから
何を食べるかは 自分が選択している。
健康な身体を大切にした生活を送るというシナリオならば
口にするものも選択が変わる、ということです。

自分のこれからの未来は 全て自分の選択する行動次第なのです。

この予想外のコロナの状況の今の世の中で、今 何を選択するかは
今の自分が創るシナリオによって決まるのです。

さあ、こんなコロナ状況でも 
コロナの収束を待っているだけではなく、
自分が今出来ることをチャンスに変えて
新たな自分のシナリオを 創っていきましょう!

コロナで見直された、玄関で手洗いができる家!

10年前、クライアントの一言から
『便利だろうから』と提案して設置した玄関の手洗い用洗面器。
コロナ状況の今では 大活躍となりました。

音楽教室として また自由に活用できる部屋として
玄関横からすぐに入りやすい広々とした部屋を作ったのは、10年前の新築戸建住宅。
もともと老若男女がたくさん訪問する素敵なクライアントの住まいの建て替え工事でした。

『ピアノレッスンに来る小さい子どもの手洗いがすぐにできたらいい』という奥様の一言から
洗面所まで行かなくても 家族はもちろん来客者も 気楽に手洗いができる簡単な洗面器を玄関内に設置しました。

いろいろな方との交流を より気持ちよく続けていきたいという
クライアントの優しい人柄が『手洗い』という形で表れたのだと思います。

住まいは その人の暮らし方や考え方が表れます。
私たち設計者は お客様のちょっとした一言や表情からも
いろいろな提案をさせていただきます。
それがこの仕事のやりがいでもあります!

コロナ状況など 想像もしていませんでしたが
帰ったらすぐ手洗いができ、安心して家の中に入れることが必要になりました。
より役に立って良かったです(^^♪

私にとっての『建築コンサルティング』という仕事

「相談しても 設計や工事を頼まなくてもよいということ分かっていたので
コンサルティングを頼みやすかったのです」
相談者から帰りがけに頂いた弊社への率直なお言葉でした。

「自分がやりたいことが 本当にこれで正しいのかどうかと迷っていました」

「この物件のことだけではなく、もう一度、これからのすべてのことを含めて
考え直したいと思いました」

「こんなに実現可能な詳細な設計をして貰ったのに 活用しなくてすみません」

このように言われて 私は とても嬉しく思いました。
この方は 素直で思慮深い良い相談者だったと 私は思いました。

「工事をしたいとなったら また相談しても良いですか?」
事務所の出口での 最後の言葉でした。

住まいの工事費は 高額な出費になります。
住まいを考える時、形から入っていく方がとても多いのです。
でも 住まいの形だけを考えていたのでは 決して幸せな住まいにはなりません。
客観的な意見や プロの意見も含めて
しっかり考えてから 進む道を決めて欲しいといつも思っています。

コロナのこの状況の中、
家を建てようとかリフォームしたいとか思っていても
業者と直接会うことは 今は中々できないと思っている方も多いはずです。
じっくり考えていても ネットの情報に振り回され
自分にとって本当に必要な 今やるべき事が見えない人が多いのです。

先日、弊社のHP上のお問い合わせから相談者はやってきました。
まずは 弊社としては メールで返信して
リモートでの無料コンサルを受けてもらうことにしました。

依頼者のご希望の大まかな内容が分からないままでは
弊社が本当に力になれる事なのかどうかも分からないからです。
だから とりあえずは 相談内容を詳しく知るために
無料のコンサルティングを受けてもらいたいといつも思っています。

通常ならば、ご希望により 直接会っての対面コンサルティングもお受けするのですが
このような状況ですので 今はまずはリモートコンサルティングをお願いしています。

しかし リモートコンサルを受けたことのない方にとっては
そのやり方も含めて 少しハードルが高いようです。

今回は リモートを試みましたが スムーズにいかず、
結果的には電話だけで相談内容を聞くという形にしました。
それでも 充分 お互いの人柄も内容も伝わりました。

弊社が相談に応じられることであると判断すれば
もっと具体的な情報やご希望をお聞きしたいと思いますので
そこから有料のコンサルティングに申し込みをして頂きます。
有料のコンサルティングも 相談者に選択してもらう形をとっていますので
メールで返信して頂きます。
即答しなくても大丈夫、しっかり考えてもらってから お返事を頂きます。

まずは 無料相談のコンサルティングに気楽にアクセスするという小さな行動から
人生が変わることもあることを知って欲しいです。

工事をすぐに始めたいと思っている方でも
場合によっては やらない方が良いというアドバイスをすることもあります。
常に 相談者にとって その時の一番良い方向を示し
率直にお話することが大切だと思っているからです。

この仕事を40年以上やってきて、1000人以上の相談を受けてきた私感かもしれませんが
信じてくれる方のためには 精一杯やっていきたいといつも思っています!

コロナ後の住まいは変わるのか?

コロナがきっかけで 在宅勤務を始めたり、家族と過ごす時間が長くなったりと
住まいの活用の方法が変わった方が多いようですね。

ですから、
これからは在宅勤務ができるように、とか、
リモート会議ができるように、とか
そんな住まいの「在宅勤務で働きやすい」を前提にした家の提案を求める人も多いでしょう。

しかし 私は 働きやすさも含めて
これからは、時代の変化や急激に変わる暮らしに
フレキシブルに対応できる家づくりが大事だと思っています。

もちろん 今は 在宅での働きやすさが大切な事になった人も多いはず。
でも 一つのテーマではなく、変化に対応しやすい応用が利く住まいが大事なのです。

在宅勤務がしやすい家であっても
仕事の事がいつも頭から離れない環境にならないように
時間帯や用途に応じて フレキシブルな暮らしに対応できることが
これからの住まいには求められていると思います。

間仕切りや収納の在り方、インテリアなどで
大きく改修しなくても そんなフレキシブルな空間は作れます。

これからの住まいには 寝食ができるだけではなく
いろいろな活用ができることが大事なのです。
そして 活用することによって より豊かな暮らしができます。

しかし 住まいの優先事項は何よりも安心して幸せに暮らせることです。
心が休まり 明日への活力を蓄える所です。
安心な暮らしとは 危険にさらされない、安全に守られている、
心穏やかに暮らせることが 一番大事なのです。

そんなことを忘れないで
いろいろな新しい体験をして 新しい視点が生まれる住まいで
大いに楽しい暮らしをしてほしいと思っています。

img_8297

コロナ後の新常態の暮らし方はこう変わる

コロナの自粛生活中は
ほとんどの方が 日常必要品の買い物以外は
物を買うことはなかったのではないでしょうか?

どうしても必要であれば
ネットで購入している人はいたとは思っていますが
コロナ以前と比べたら 購買意欲は半減したのではないでしょうか?

それどころか 家の中にある物でさえ断捨離して
スッキリ暮らせるように余計なものを整理して
生活を整えていた方がとても多かったようです。

コロナには関係なく
最近は物を買わない時代になってきていましたが
それが  より加速されたようですね。
そして 今までできなかったことができるゆとり時間を持てたことにより
物を持っているだけでは意味がない事に
気づかされたことも多かったのかもしれません。

つい最近までは
使わなくても持っているだけで満足できるようなものが
ステータスとしていろいろあったと思います。
たとえば
日常的には使わない高級な腕時計とかアクセサリー、
自宅に置くことで所有しているだけの高級車や絵画など・・・。

しかし 今は
時代と共に価値が変動するモノそのものではなく、
利用することに価値を認める時代へとシフトしてきています。

たとえば
最近広がっているサブスク
定額料金を支払えば、一定期間のサービスが受けられることが保証されています。
使うということに価値があります。

サブスクは 今では世代を越えて多くの方が活用していますね。
このコロナの自粛生活で アマゾンのプライムビデオで
映画を楽しんだ人も多いはず。これもサブスクですよね。
所有から利用されて初めて価値あるものになるという流れになってきているのです。

車も 同じ高級車一台をずっと所有するより、
スポーツカーやキャンピングカーなどその時使用したいものを選び
より最新の機能を優雅に活用するという選択肢が増えてきたのです。

技術革新のスピードが加速する中、
製品が陳腐化する速度が ますます速くなっているからでもあるのでしょう。

購入者の所有価値は日々目減りしていくため、
所有することにステータスを持てなくなっているからです。
そして 所有から利用への価値に変わってきている事の速さは
利用の仕方を知らなければ 取り残されていくということでもあります。

素晴らしいサービスが いろいろあっても
個人が活用できなければ その人にとっては価値がないということです。

しかし その新たなサービスや自分が必要としているサービスの情報を知り
活用するまでが 中々大変でもあります。
特に50歳以上の人にとっては それはより大変なことになってきました。

物を買わず 利用価値にお金を払う時代は
個人の価値観が より具体的に問われます。

コロナ後の暮らしは これからの未来に向けて
それぞれの個人の価値観を 改めてじっくり考えるときです。

正に お金を貯めておいても 価値はありません。
お金を使って初めて価値が出てくるのです。

どういう状態の自分が一番心地よいのか?
そのためには どうお金を使うのか?
お金の使い方が より生きざまに表れる時代ですね

給付金も貯めずに すぐ使いましょうね^^

給付金10万円で人生が変わるきっかけを! 未来を楽しむデジタル環境を今、整えよう!

コロナで自粛生活が続いた中、皆さんはどのようにお過ごしだったでしょうか?

このような状況下で私がとても気になった事は 情報の格差が一段と広がったことです。この格差は 年齢や職業や金銭的貧富の違いによるものではありません。今までにはあまり気づかれていなかった情報化社会のデジタル格差です。

コロナウィルス感染抑制という皆が平等に与えられた危機で、誰もが人と直接会うことができなくなり、オンラインというインターネットをより活用するようになりました。在宅で仕事したり、ネット会議をしたり、故郷の親御さんと孫がスマホの画面越しで会話をしたり、オンラインでリモート飲み会をしたり、という事が広がりました。ネット配信の作品を高音質で再現して音楽コンサートも有料で配信されています。これからは もしもコンサートに行けない事情があっても素晴らしい音楽が聞ける事例のような未来の利点がいろいろ見えてきました。その反面、インターネットを活用できる人とそうでない人の格差も生まれてきました。教育や趣味の世界もオンライン授業が当たり前になりつつある中、教える側の先生がリモート環境に慣れているかどうかでも生徒たちに影響が生まれそうです。便利なようでまだまだ考えなくていけない課題がたくさんあるネット活用です。しかし、コロナが落ち着いた後、どんな分野でもこれからはオンラインと直接対面の両方が活用されるようになる事は明らかです。これが新常態になってくるのです。

 

しかし こんな急激に変化している時代の中でも パソコンはほとんど触ったことはない、タブレットやスマートフォンは持っていない、そんな人たちもまだまだいます。スマホを持っていたとしても メールや電話しか使用せず、情報収集に活用していない人もいます。自宅にネット環境があったとしても活用されていない家もたくさんあります。それは今まで必要性を感じていなかったからだけかもしれません。知らなくても過ごせたからなのです。今の様な加速して変化する時代には知らないことがどんどん増えます。人生100年時代を生きる今、そして 働き方や教育のあり方が大きく変わろうとしている今、デジタル格差はある種の孤立さえ生みます。これがコロナでますます広がるデジタル格差と言われ、専門家たちがとても危惧していることなのです。

 

生きるとは、未来に向かって希望を持って、共に歩んでいくことだと思います。そう、過去ではなく これから来るどんどん変化する未来を生きることなのです。本来ならば人は直接会って、人とつながりを深め、共に歩むという事がとても大切です。だからこそ『家開き』を広めてきた私なのです。しかしこれからは いつも直接会わなくても『ネットでの家開き』でも人とのつながりは築けます。今、世界中が新しい常態に進もうとしている時こそ、新たな行動で共に歩んでいきませんか!しかし 自分には無理と思う方も多いはず。そんな時はできないことはできない、知らないことは知らないと言える勇気がとても大切です。人はそれぞれの強みや秀でているものを活かしながら助け合って生きていけばよいのですから。自分が出来ることだけに力を注げば良いのです。そして その小さな勇気や選択の積み重ねが 一人ひとりのこれからの人生を大きく変えていきます。今更新しいことに一から挑戦せず 得意を持っているいろいろな人の力を借りて楽しく生きていく事も良いではありませんか。
無理と思って気後れする人でも やっているとその便利さと簡単さにすぐに抵抗がなくなる方がほとんどです。
これからも 今回のコロナのような状況だけではなく、予想外の自然災害が起きたり、暮らしを取り巻く環境は大きく変わるでしょう。
だからこそ、「つながれない中でもつながり続ける」そんな環境を 今整えて欲しいと思っています。