yuko-ikenoue について

住まいを通して前向きに自分らしく 楽しく生きることを応援する 建築設計・総合コンサルティング会社です 詳しくはこちらへ. http://a-k-s.jp/

住めば都?自分の住んでいる地域に関心を持つと楽しい~!

私は
自分の住んでいる町の
小学校の予定を時々確認しています^^

我が家には 小学生はいません。
だから 小学校の行事は
私には全く関係ありません。
でも 地域の子どもたちの行事は気になっています。

それは 毎朝 たくさんの小学生たちが
我が家の隣にある公園を 通り抜けて
遊びながら楽しそうに学校に行く姿を見ているからです。
そして 小学校が毎月発行しているお便りが
回覧板でも 回ってくるからです。
また、弊社のスタッフたちの小学生の子どもたちの行事も
こんなことがあるのかなぁ~と思いながら
スタッフの家庭の状況も考えたりします。

町内会の行事や様子を知ると
年齢や年代別によって こんな行事があるんだなぁ~と
改めて地域に親しみがわいてきます。

地域の小さなことを知ることは
地域に関心を持つことで
その街の住民として 
地域と関わる一歩のような気がしています。

そして住民を知り挨拶を交わせるようになることから
安全な町や助け合える関係が生まれるのだろうと
つくづく思っています。
img_7004-1




有料老人ホームを考えている人に「家開き」を勧めるわけ

「自立の方でも 介護が必要な方でも
アクティブな暮らしをもう一度実現しよう〜」
そんなキャッチコピーの住宅型有料老人ホームの広告があった!

老後を考えての住み替え場所に
有料老人ホームと言う選択肢がある。

老人ホームらしくではなく
まるでマンションのような
ホテルのような暮らし、そんな有料老人ホーム!
健康への未病プログラムも付いていて
コンシェルジュまでいる。
本当に至れり尽くせりの優雅な暮らしが想像できる!
その上  学ぶこと、ときめくこと、新しい自分に出会う喜びがあります!との事。
「大切な家族の一員であるペットも連れてきていいのです」と言う!

夫婦だけだったら 約60平米位の部屋があって〜
都会から離れた景色も抜群!
そんな老人ホームならば 安心かと思う人は多いのだろう。

この老人ホームに入るためには
いくらお金があればよいのだろう?

「そう、自分の家を売れば買えるはずね、
夫婦2人だけの生活だし ちょっと体が不自由になってきたので
これ以上、夫にも子どもにも迷惑をかけたくないわ。
この海が見える素晴らしいところに2人で入りましょう!」
そう妻が言って ご夫婦は自宅を売って
高級な格式ある有料老人ホームに入った。

まだ充分自立ができている人だったけれども
もしも介護が必要になったときの先々のことまで
考えて入ったのだけれども
あれから3年、思ってもみない状況になってきた。

夫婦は やがて妻が他界して
夫だけのお一人様生活になった。

夫は何でも施設に頼めば やってもらえる受身の生活に慣れてしまい
コーヒー一つ自分で入れられなくなっていた。

景色は良いけど〜
働き盛りの子ども家族が来るには
遠い場所だった。
すっかり孫にも会わなくなった。
たまに来る親族や友人も
お客様みたいな感じになってきて
長居はしないで帰って行く。

老人ホームなので、建物の中は
どこを見ても 老人ばかり!
同じメンバーが 毎日同じ場所の椅子に座って
同じ様な内容のテレビを見ている。
異世代の自然な交流は全く無い!

気がつけば 毎日単純な生活で
自分から外出する元気も意欲もなくなってきていた。

久しぶりにきたわが子が 異変に気付き 病院へ連れていった。
健常者だったはずが いつの間にか 認知症になっていた。

人によっては こんな可能性があることは
入居前に考えれば想像がつくのだが
現実を見てから知るまでは 中々気がつかないものなのである。

私は 同じように
私がリフォームしたお宅のお客様に
良かれと思って 老人ホーム入居のために
ご自宅を売却するお手伝いまでしてしまったことがある。

身体が元気なうちから
至れりつくせりの生活をさせてしまった。
ご家族が決めたことですが
老人しかいない老人ホームにいれてしまった。

人は いろいろな世代と
コミュニケーションを取る必要があると分かっていたのに・・・
人は いくつになっても
生きがいを求めていると分かっていたのに・・・

だから 今の私は
まずは「家開き」という
自宅から始められる老後の準備から考えてもらっている!

「家開き」は ずっとしていなくても良いもの!いつやめても良いものです!

家開きができる家は それ専用に設計されてできている場合もあります。
しかし 完全な「家開きができる住まい」だけにすることは
良くないと 私は考えています。

応用が利かないようになってしまっては
人生100年の間に 住まいの形を大きく変える必要が出てきます。

人の気持ちや健康は 年齢や環境によっても変わります。
その変化が生活スタイルに表れ
リフォームしたり住みかえたり建て替えたりするのです。

ですから 住まいをそれだけにしか使えない、
応用できないものにしてはいけないと思っています。

住まいは 人生で一番高い買い物です。
少しの手を加えることで
また新たな暮らし方ができるように
考えて作っていきたいですね。

家開きは
自分がやりたいときにやり
自分がやめたいときにやめる。

そういう造りになっていることが大切なのです。

働くママの家開き!ベビーシッターも来たがる家にしよう(^^♪

3月は 4月からの新たな生活に向けて
準備が忙しい家庭も多い時期だと思います。

働くママにとっては
年度末は自分の仕事だけではなく
子どものことでも忙しい日々になります。

ところで
ベビーシッターさんにお世話になっている家庭にとっては
シッターさんを交代する時期でもあると最近知りました(^^)

子どもが大きくなって学年も変わって
生活が変わることも多く
もうベビーシッターさんはいらないという家庭もあります。
シッターさんにとっても
変更や新たな家庭との出会いがあり
慌ただしい時期なのだそうです。

子育て中の働くママにとって
これからの生活にベビーシッターさんという存在は
ますます大きくなっていくと思います。
ですからシッターさんが働きやすい環境や文化も
働く女性が増えると共に変化していくでしょう!

ベビーシッターという仕事は
昔、海外のお金持ちの家庭の乳母や育児係から広まったそうですが
今や日本の文化にも根付いてきたようです。

シッターさんが 喜んで子どもを看てくれ
子どもにとっても楽しみな時間になるようにすることは
とても大事なことです。

でも シッターさんも
定期契約をしたくない家庭、
行きたくない家庭もあるそうです。
当たり前かもしれませんがね。

では
ベビーシッターさんが喜んで来てくれる家とは
どういう家なのでしょうか?

親御さんとコミュニケーションが
上手くいっていることはもちろん一番大切な事です。
お互いに時間をしっかり守ることなど
相手を思いやる気持ちも大事ですよね。

そして
子どもが怪我をしない安全な住まいであることも大事です。
預かっているときに 安心して子供に専念できる家である事、
地震や何かの災害や急なことが起きても
とっさに安全に子どもを守れる住まいであると安心なのです。

また シッター中に必要なものや
シッターが触れても良いものが分かりやすくなっていること。
つまりは整理整頓清掃がきちんとされている
気持ち良くシッターの仕事ができる家ってことですよね。

といっても 忙しくて時間がないから
シッターさんを頼んでいるので
掃除ができない、片づける時間もない場合だってあります。

でも 整理整頓はシッターさんだけのためではなく
我が子のためにも大事な事! 教育上もですね(^_-)

そのためには はじめから
掃除がしやすく、片づけやすい家にしておく工夫も必要です。
心の余裕のためにも
この春に ベビーシッターさんが喜んで来てくれる家を意識しながら
お部屋の工夫をしてみませんか?

ちょっとしたヒント
ブログで更新しています^^
活用してください。
働くママの家づくりのコツ

 

「家開き」の原点!子育てママが 自宅を活用して好きなことで開業!【その4】

自宅開業で大切なこと② 仕事場にふさわしい空間を考える

仕事場としていく上で
自宅であるからこそ 心掛けなければいけないことに
「生活感を持ち込まない」ということが大切だと思っています。
それは来てくださるお客様のためでもあり
自分自身のためでもあります。

自宅と仕事場が同じになると
家の中で共通して使う場所が出てきます。

ですから 自宅であっても
自分だけの視点ではなく
来客者の立場から見た時のことを
意識して考えなければなりません。

仕事をどこに頼むか、は
依頼者であるクライアントの意思です。
打合せ場所にもなる仕事場が
自宅を感じさせる生活感たっぷりでは
クライアントは夢が持てません。
頼む気にもならないと思います。

しかし こんな暮らしがしたいと思えるような
モデルルームのように自宅を維持しておくことは
子どもがいる我が家ではとても無理でした。
生活しているのですから
自宅全部を毎日きれいにすることはできませんでした。

そこで 共通して使う ほんの一部の場所、
玄関まわり・トイレ・廊下・打ち合わせ用の仕事室を
五感を意識したインテリアにこだわってみました。

視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚を刺激するインテリアは
来客を喜ばせ 自分自身もやる気が増す
とても大切な仕掛けになりました。
(五感インテリアの詳細はまた詳しくお話します)

この五感インテリアにこだわるようになった理由は
自分自身のこんな経験があるからです。

私は以前 自宅で料理教室を開いていた方に
家庭料理を習っていたことがありました。
先生の料理レッスンの内容は
長年の経験に基づいた工夫あるプロのものでした。
しかし そこの生活感たっぷりのお教室に
がっかりしたことがあったからなのです。

午前中の少し早い時間から料理教室は始まって
そのつくった料理をランチとして試食するという
少人数の料理教室でした。
教室として使用するキッチンは広くて立派なものでしたが
先生のご自宅のキッチンと兼用のため
いつも急いで朝食を片付けた後のレッスンという感じでした。

残り物などの片づけ方や室内の臭い、
家族が使っていた座布団式の椅子、
家族も使う同じ食器やランチョンマット等
先生の家族の生活感がたっぷりのキッチンだったのです。

キッチンだけではなく
玄関には ご家族の靴が並んでいたり
トイレ・洗面所にも ご家族の生活品が置いてありました。

生徒の目的は 料理を習う事なのかもしれません。
しかし 友人と楽しくやる料理ではなく
看板を掲げて 教室として月謝を貰って
仕事としてやるのならば 生活感は無くした方が良いのです。
生徒にとっても ワクワクした気持ちで
日常を離れたレッスンに行くということも
教室を選ぶ大切な要素になるかと思います。
良い料理だったからこそ 残念だと思っていました。

自宅を仕事場にするためには
来る方をワクワクさせるという気遣いが大事だと思いました。
そして 自分自身も自宅という同じ空間でも
生活感なく仕事を楽しくし 仕事モードになれるように
インテリアに工夫をすることが とても大切だと感じました。

自宅にいても 仕事は生活と切り離して
楽しくやっていたいですよね。
自宅を五感インテリア(視・聴・嗅・味・触の感覚を刺激する)にして
自分自身の効率が増す仕事場にして
迎えるお客様にも気遣いある空間にする。
気持ちよく楽しく仕事をすることを心掛けるために
自宅を生活感ない仕事場にフレキシブルに
時間帯や範囲で変えられるようにしておくことも大切になります。

私は設計の仕事でしたが
自宅を何かのサロンや教室にして 仕事をされる方は
一層心掛けて欲しいですね。

 

建築士だからやってみる、何事も自分の住まいで試してみる~笑!

建築士コンサルタントという仕事は
机上の知識だけではできません。

特に住まいを設計するときは
生活者としての経験がとても大切になります。

私は 結婚してから今までに何回も引越をしてきました。
だから いろいろなタイプの家で暮らしました。

夫の仕事の転勤で 自分の意思からではなく
会社から与えられた賃貸住まいが多かったのです。
1LDKにリノベーションしたマンションや
団地タイプで昔風の全て引き戸の間取りの家、
かなり古い木造アパートでの仮生活などをしました。
今では それはとても貴重な経験になっています。

夫の転勤も ほとんどなくなり
落ち着いて 自分の家を持ってからも
現在で4回目の持ち家の自宅です。

昔から
『家は3回建てて、初めて満足な家ができる』
と言いますが
私は どの持ち家も
いつもその時は その生活を大いに楽しんできました。

でも 「もっと、もっと」という欲からでしょうか~笑
住替えを繰り返してきたのだと思っています。
家に常に関心があるので~ 当たり前ですが…^^
いろいろ試してみたくなり
どの家もリフォームをして 手を加えてきました。

ですから 試したから分かることが
どんどん経験値として蓄積できました。
住みながらのリフォームの不自由さや
やりたかったことをやってみた結果が
よくなかったりことなども含めて
いろいろな商品も自分で試してみることができました。
例えば トイレは メーカーをいろいろ変えて
8種類の便器を自宅で経験してきました。
使い勝手や掃除まで 使ったから分かる感覚ありますよね。
本当に貴重な経験です。

経年で使ったから分かる私の経験は
きっと クライアントの役になると思ってきました。

住まいの相談があったときは 机上の知識だけではなく
いろいろな自らの経験を活かして
これからもプラスαの価値あるコンサルティングをしていきたいと思っています。

自分の経験から人の役に立てることがあると
建築士という仕事は ますます楽しくなるのです^^

私は なぜ建築家になったのか?

私は 小学校5年生の時に クラスのみんなに
「将来は 建築家になりたい」と言っていたそうです。

というのは
私自身は そう言ったということを忘れてしまいました。
しかし 先日久しぶりに小学校時代の友人に会ったときに
「小学生の頃の夢を叶えて すごいね」と言われたのです。

確かに 私は 小学生の時には
医者か建築家になりたいと思っていました。

そして 私が5年生の頃に
両親が建築家に設計を依頼して
家を建てる打ち合わせを自宅でしていたので
子どもながらに 建築家という職業に興味を持ちました。

「医者や弁護士やお坊さんは 人に不幸があった時に助ける仕事で
建築家は 人が夢をもった時の仕事」と
どこかの大人の人に言われて
子どもながらに 建築家になろうと思ったのでした。

先日、私のクライアントさんの中学生の息子さんが
「建築家になりたい」と言ったそうです。
「池上さんとの打ち合わせに 毎回同席していて
かっこいい職業だと思ったからなんですよ」
と ご両親が微笑みながら話してくれました。
「私もそうだった」と 自分自身の子どもの頃を思い出しました。

子どもが触れる環境は 親の行動次第で変わりますね。
もし 私の両親が 出来上がった家に引越しただけであったら
建築家という職業に興味は持たなかったかもしれません。

どういう家で暮らし どこに依頼するか、は
子どもにも大きな影響を与えるものですね^^