60代からの住まいと暮らしにはどれだけお金が必要なのか?必要な準備について考える!

定年後の暮らしで 年金がどれだけ入ってくるのか?
どんな生活ができるのか?
不安ですよね。

自宅を持っていても
ずっとそのまま暮らせるわけではなくて
経年と共に 家にも手入れが必要になります。

家も人間と一緒なのです。
洋服や化粧をするのと同じで
外装ばかり塗り替えて綺麗にしても
人の見えない内臓や血管が衰えるように
家の機器だけではなく木部が腐ったり
断熱機能も配管機能も衰えているのです。

健康寿命を延ばすように
家の見えない部分も材質を改良したり
定期的な手入れがとても重要になってきます。

その費用を いつ、
どんな時までに考えておくか、で
老後の費用はかなり違います。

住まいは完成して終わりではなく
維持しやすく(健康寿命を延ばし)
メンテナンスしやすく(治療しやすい)
つくっておくことがとても大切になるからです。

例えば 
配管交換は
壁や床を大きく壊してからでないとできない。
断熱材の耐久性が悪く交換しにくい…
などの 費用が大きく掛かりやすい造り方は
避けておきたいですよね。

60代過ぎてから
住まいにたくさんのお金をかけなければ
家が改修できなくなるようでは困ります。

建てた時やリフォーム時に金額が抑えられても
維持費が掛かったり
短期間で修繕を繰り返すつくりになっている住まいも
困ります。

見えない部分こそ これから先30年は持つものなのかを
60代になる前の住まいの更新時、
つまりは リフォーム時や改修時に
お金をかけなくてもよいようにして
改善しておくべきなのです。

そして何より大切な事は
その時こそ  これから先30年 の
暮らし方も一緒にぜひ考えて欲しいのです。

年金で何とか暮らしていけるとしても
我慢やあきらめの生活になっては悲しいですよね。

より楽しく暮らすことを考えた住まいが大切になるのです。

お金をかけなくても
自分の好きなことや 好きな人に囲まれた
自由がある暮らしができる住まいを考える
とても良い機会なのです。

どんなに寿命が延びても
生きているだけでは悲しいです。

生きている限り
人生は楽しくしていかなければいけません。

楽しく暮らすためにも
受け身ではなく
自分のために自ら楽しく暮らすことを考えて
準備することが必要なのです!

「家開き」は ずっとしていなくても良いもの!いつやめても良いものです!

家開きができる家は それ専用に設計されてできている場合もあります。
しかし 完全な「家開きができる住まい」だけにすることは
良くないと 私は考えています。

応用が利かないようになってしまっては
人生100年の間に 住まいの形を大きく変える必要が出てきます。

人の気持ちや健康は 年齢や環境によっても変わります。
その変化が生活スタイルに表れ
リフォームしたり住みかえたり建て替えたりするのです。

ですから 住まいをそれだけにしか使えない、
応用できないものにしてはいけないと思っています。

住まいは 人生で一番高い買い物です。
少しの手を加えることで
また新たな暮らし方ができるように
考えて作っていきたいですね。

家開きは
自分がやりたいときにやり
自分がやめたいときにやめる。

そういう造りになっていることが大切なのです。

「家開き」の原点!子育てママが 自宅を活用して好きなことで開業!【その4】

自宅開業で大切なこと② 仕事場にふさわしい空間を考える

仕事場としていく上で
自宅であるからこそ 心掛けなければいけないことに
「生活感を持ち込まない」ということが大切だと思っています。
それは来てくださるお客様のためでもあり
自分自身のためでもあります。

自宅と仕事場が同じになると
家の中で共通して使う場所が出てきます。

ですから 自宅であっても
自分だけの視点ではなく
来客者の立場から見た時のことを
意識して考えなければなりません。

仕事をどこに頼むか、は
依頼者であるクライアントの意思です。
打合せ場所にもなる仕事場が
自宅を感じさせる生活感たっぷりでは
クライアントは夢が持てません。
頼む気にもならないと思います。

しかし こんな暮らしがしたいと思えるような
モデルルームのように自宅を維持しておくことは
子どもがいる我が家ではとても無理でした。
生活しているのですから
自宅全部を毎日きれいにすることはできませんでした。

そこで 共通して使う ほんの一部の場所、
玄関まわり・トイレ・廊下・打ち合わせ用の仕事室を
五感を意識したインテリアにこだわってみました。

視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚を刺激するインテリアは
来客を喜ばせ 自分自身もやる気が増す
とても大切な仕掛けになりました。
(五感インテリアの詳細はまた詳しくお話します)

この五感インテリアにこだわるようになった理由は
自分自身のこんな経験があるからです。

私は以前 自宅で料理教室を開いていた方に
家庭料理を習っていたことがありました。
先生の料理レッスンの内容は
長年の経験に基づいた工夫あるプロのものでした。
しかし そこの生活感たっぷりのお教室に
がっかりしたことがあったからなのです。

午前中の少し早い時間から料理教室は始まって
そのつくった料理をランチとして試食するという
少人数の料理教室でした。
教室として使用するキッチンは広くて立派なものでしたが
先生のご自宅のキッチンと兼用のため
いつも急いで朝食を片付けた後のレッスンという感じでした。

残り物などの片づけ方や室内の臭い、
家族が使っていた座布団式の椅子、
家族も使う同じ食器やランチョンマット等
先生の家族の生活感がたっぷりのキッチンだったのです。

キッチンだけではなく
玄関には ご家族の靴が並んでいたり
トイレ・洗面所にも ご家族の生活品が置いてありました。

生徒の目的は 料理を習う事なのかもしれません。
しかし 友人と楽しくやる料理ではなく
看板を掲げて 教室として月謝を貰って
仕事としてやるのならば 生活感は無くした方が良いのです。
生徒にとっても ワクワクした気持ちで
日常を離れたレッスンに行くということも
教室を選ぶ大切な要素になるかと思います。
良い料理だったからこそ 残念だと思っていました。

自宅を仕事場にするためには
来る方をワクワクさせるという気遣いが大事だと思いました。
そして 自分自身も自宅という同じ空間でも
生活感なく仕事を楽しくし 仕事モードになれるように
インテリアに工夫をすることが とても大切だと感じました。

自宅にいても 仕事は生活と切り離して
楽しくやっていたいですよね。
自宅を五感インテリア(視・聴・嗅・味・触の感覚を刺激する)にして
自分自身の効率が増す仕事場にして
迎えるお客様にも気遣いある空間にする。
気持ちよく楽しく仕事をすることを心掛けるために
自宅を生活感ない仕事場にフレキシブルに
時間帯や範囲で変えられるようにしておくことも大切になります。

私は設計の仕事でしたが
自宅を何かのサロンや教室にして 仕事をされる方は
一層心掛けて欲しいですね。

 

建築士だからやってみる、何事も自分の住まいで試してみる~笑!

建築士コンサルタントという仕事は
机上の知識だけではできません。

特に住まいを設計するときは
生活者としての経験がとても大切になります。

私は 結婚してから今までに何回も引越をしてきました。
だから いろいろなタイプの家で暮らしました。

夫の仕事の転勤で 自分の意思からではなく
会社から与えられた賃貸住まいが多かったのです。
1LDKにリノベーションしたマンションや
団地タイプで昔風の全て引き戸の間取りの家、
かなり古い木造アパートでの仮生活などをしました。
今では それはとても貴重な経験になっています。

夫の転勤も ほとんどなくなり
落ち着いて 自分の家を持ってからも
現在で4回目の持ち家の自宅です。

昔から
『家は3回建てて、初めて満足な家ができる』
と言いますが
私は どの持ち家も
いつもその時は その生活を大いに楽しんできました。

でも 「もっと、もっと」という欲からでしょうか~笑
住替えを繰り返してきたのだと思っています。
家に常に関心があるので~ 当たり前ですが…^^
いろいろ試してみたくなり
どの家もリフォームをして 手を加えてきました。

ですから 試したから分かることが
どんどん経験値として蓄積できました。
住みながらのリフォームの不自由さや
やりたかったことをやってみた結果が
よくなかったりことなども含めて
いろいろな商品も自分で試してみることができました。
例えば トイレは メーカーをいろいろ変えて
8種類の便器を自宅で経験してきました。
使い勝手や掃除まで 使ったから分かる感覚ありますよね。
本当に貴重な経験です。

経年で使ったから分かる私の経験は
きっと クライアントの役になると思ってきました。

住まいの相談があったときは 机上の知識だけではなく
いろいろな自らの経験を活かして
これからもプラスαの価値あるコンサルティングをしていきたいと思っています。

自分の経験から人の役に立てることがあると
建築士という仕事は ますます楽しくなるのです^^

私は なぜ建築家になったのか?

私は 小学校5年生の時に クラスのみんなに
「将来は 建築家になりたい」と言っていたそうです。

というのは
私自身は そう言ったということを忘れてしまいました。
しかし 先日久しぶりに小学校時代の友人に会ったときに
「小学生の頃の夢を叶えて すごいね」と言われたのです。

確かに 私は 小学生の時には
医者か建築家になりたいと思っていました。

そして 私が5年生の頃に
両親が建築家に設計を依頼して
家を建てる打ち合わせを自宅でしていたので
子どもながらに 建築家という職業に興味を持ちました。

「医者や弁護士やお坊さんは 人に不幸があった時に助ける仕事で
建築家は 人が夢をもった時の仕事」と
どこかの大人の人に言われて
子どもながらに 建築家になろうと思ったのでした。

先日、私のクライアントさんの中学生の息子さんが
「建築家になりたい」と言ったそうです。
「池上さんとの打ち合わせに 毎回同席していて
かっこいい職業だと思ったからなんですよ」
と ご両親が微笑みながら話してくれました。
「私もそうだった」と 自分自身の子どもの頃を思い出しました。

子どもが触れる環境は 親の行動次第で変わりますね。
もし 私の両親が 出来上がった家に引越しただけであったら
建築家という職業に興味は持たなかったかもしれません。

どういう家で暮らし どこに依頼するか、は
子どもにも大きな影響を与えるものですね^^

 

「家開き」の原点!子育てママが 自宅を活用して好きなことで開業!【その2】 

やりたい仕事と家族を大切したい思いとの両立のために

私は 独立して開業していた
横浜駅のオフィスビル内の新築事務所から
1年半後に 仕事場を自宅の一室に
変えることにしました。

それは
保育園を卒園して小学生になったばかりの息子を
一人で自宅に帰すことに
不安と愛おしさがあったからです。

保育園時代の友達は みんな働く親の子どもでしたが
まだ世間では 働く母親が少ない時代でした。
小学校に入ったら 同級生は
専業主婦のお宅のお子さんがほとんどでした。
学校から自宅にすぐに帰る同級生たちは
学校から帰った後にまた一緒に遊ぶ約束をしたり
自由な時間を仲良く過ごしていました。

そんな息子のことを心配して
いろいろ考えていた時に
偶然にも 電車の中から息子の姿を見ました。

夕暮れの小学校校門から
大きなランドセルを背負って出てくる小さな息子。
自宅に帰る同級生たちと別れて
反対方向の預けられ先に向かって
ひとりトボトボ歩いて帰る姿を見かけたのでした。
その時 私は強い決心をしました。
すぐに 事務所を引っ越そうと。
30年以上経った今でも その夕暮れの光景は
忘れられません。

今の時代は 働くママがとても多くなってきました。
だから 学校下校後の学童保育など民間の預かり先も豊富で
いわゆる「小1の壁」の選択肢も増えてきたように思います。
ほとんど選択肢がなかった時代に
子育てを優先、仕事を子育てに合わせることが出来た私は
ラッキーだったと思っています。

しかしその選択をした私の生活は すっかり変わりました。
私が自宅で仕事をすることになってから
今までにはない悩みや不自由なことがいろいろ出てきました。

自宅の仕事場になった狭い場所は
スタッフに来てもらうような広さはありません。
何でも一人でやらなければなりませんでした。
設計の打ち合わせとなると お客様だけではなく
業者だけでも何人も来ることがあって
狭い部屋では みんなが書類や図面を広げられません。
子どもの帰りが早いので 打ち合わせ時間も限られます。
延長会議や残業もできません。
子供のいる生活感を出さないような工夫もしました。

個人で自宅でやっていると
刺激し合える仲間や環境を作る事も
意識的にしなければなりませんでした。
情報にも意識してアンテナを張るようになりました。
個人事業主として自分の仕事をしながらも
外部の大きなプロジェクト企画にも参加させてもらったり
新しいことを学べる機会も作りました。

自宅は マンションだったので
看板を掛けることもできませんでした。
今のようなネットもなかったので 営業的な事はできません。
仕事をしていく上で重要な依頼者は
母としてのママ友の口コミ力に 大いに助けられました。

時間的には自由になったので
地域や学校や趣味…いろいろなコミュニティーに関わりました。
仕事のためにいろいろなコミュニティに入るのではなく
決して自分の職業を明かすことはせず
人間として信頼され 親しくなる人々を大切にして来ました。

また どんな仕事も 頼まれたらすぐするのではなく
クライアントも考えながら こちらが選ぶことも大切にしました。
自宅ですから 家族の暮らしも大切です。
恨まれたりひがまれたり 子どもや夫に
何か被害が及ぶことにならないように 仕事を選びました。

自分がやりたい仕事と
家族を大切にしていく事を叶えるために
こうして 自宅開業をしていきました。

※ 私の「家開き」の原点!
子育てママが 自宅を活用して好きなことを好きなように続ける!【その1】

https://akisekkei.wordpress.com/2018/10/31/%E7%A7%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%AE%B6%E9%96%8B%E3%81%8D%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%82%B9%EF%BC%81%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%8C-%E8%87%AA%E5%AE%85%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8/

私の「家開き」の原点!子育てママが 自宅を活用して好きなことを好きなように続ける!【その1】 

自宅を活用してひとり開業した理由

家族を大切にしながら
自分の仕事としての夢を叶える。
子育ても楽しむ!
妻であり母であると同時に
一人の女性としての幸せも大切にする。
一人の社会人として社会にも貢献できることに関わる。

私は そうありたいと思ってきました。

それは簡単にできる事ではありませんでしたが
30年前の私は そのために何をしたらよいかを
いつも考えていました。

私は 長男が小学校1年生になった時に
自分の働く仕事の場所を自宅に変えました。

それまでの仕事場は
自分で独立して開業したピカピカの事務所でした。
横浜駅から徒歩で行ける最新の新築オフィスビルの中。
自宅から電車に乗って 毎日意気揚々として通勤していました。

業者やお客様にとっても便利な場所でしたし
生活感が全くない 明るく気持ちよいオフィス空間。
設計デザイン事務所として仕事がしやすい広さに
新しい家具を置いての申し分ない職場環境だったと思います。
ここから私は独立スタートしたのでした。
一つの夢を叶えて とても嬉しかったことを今も思い出します。

しかし まもなくして
あえて 私は その事務所を離れ、仕事場を自宅にもって来ました。
それは やはり母親である事を もっと大切にしたかったからです。
家族を大切にしながら 働きたかったからです。

子どもたちが保育園に入っているときは
安心して保育園に子どもの毎日の生活をお任せして
横浜の事務所まで通勤できました。

しかし 子どもが小学校に入ったら
親の役目がより大切なことを痛感させられました。

私は一級建築士としての自分の仕事は続けていきたかったのですが
母親として子育ても大切にしたい、
両方の想いがとても強かったのです。

仕事か子育てか
どちらかを選ぶという選択ではなく
両方をどう上手くやっていくか を考えたとき
優先するべきは子育てだと思いました。

しかし 仕事もやっぱりやり続けたい!
仕事のために 子育てをどのようにするかではなく、
子育てのために どう仕事をしていくかという選択をしたのです。

そこで自宅の一部の狭いところに仕事場を作る事にして
業者もお客様も自宅に来てもらえるように工夫しました。

私がそのように決心できたのは
やはり自分で開業していて
自分で自由に決める事ができる立場であり
その強い決心ができる切実な状況を感じていたからです。

それからも 子どもを育てながらも
自分が良い環境で仕事ができるようにしていくためには
どうしたらよいかをずっといろいろ考え続けました。

仕事は 専門性の経験も営業力も大切です!
どんなに専門スキルが優れていても
依頼してくれる人がいなければ仕事はできません。

自宅を仕事場にしてからは
家族には迷惑はかけたくないので
時間的な制約や営業面は難しくなりました。
まだ ネットはない時代でしたから…

個人事業主の制度の
経理上の税金面や時間管理面の有利さを
どう活用するかを学んだり、
その時しか経験できないことが
今ではすべて糧になりました。
(この詳細はいずれ書きたいと思います。)

自宅を活用したひとり開業!
これが 私の「家開き」の原点だと思っています。