自粛生活の今だから出来る事! 家の中を整えてみよう。そして 考えてみよう!

去年からのコロナ感染蔓延防止による緊急事態宣言は 思っていた以上に長引き
自粛生活を余儀なくさせられているこの頃。
そんな今だからこそ、家の中を掃除したり、断捨離したり、という方も多いはず!
ついつい後回しにしていた整理整頓をすることは
家にいながらアクティブに過ごすためにも、精神的にも とても大事な事です。

現在 弊社が設計しているどの物件の住まいも
今までの住まいに対する考え方とは明らかに変わってきたと感じています。

働き盛りの世代の住まいでは テレワークでも仕事がやりやすいように、というような 自宅に仕事を持ち込む考え方は当たり前になってきています。

つまりは これからの住まいの使い方は ますます変わります。
生活するだけではなく
生産性が生まれる仕事場にもなり
身体を鍛えるジム的な空間にもなり
食料をたっぷり蓄えられる備蓄も考えたバルにもなり
心が休まる遊び心がある空間などが 求められています。

あまり深く考えずに自分の感覚を大切にしながら
これから使うもの、もういらないものを仕分けしながら
家の中を整えてみる良いチャンスだと思います。

でもその判断は 自分のこれからの暮らし方を自分で考えていくことにもなります。
家族がいれば 自分だけではなく みんなの環境を変えることになります。

たかが整理整頓、と思わず これからの家族のことや自分のことをしっかり考えた住まいにしましょう! この旅行もできない自粛期間、いつもの掃除時より使い方を考えて じっくり整理してみましょう!

そして 一つひとつの物を動かしたり触れたりして
拭き掃除をすると いろいろな発見があるはずです。

例えば、普段は中々掃除できない家電製品を拭いてみましょう!
配置を改めて考えてみましょう!

例えば 食器棚の中、
よく使うものは すぐ出せる様に手前に置く、
重い食器は 下段に置く、
ほとんど使わない食器は 処分するか自分の納得のいく方法でその食器棚とは違う所に移動させましょう!

子どもがもっと片付けやすく、誰でも分かりやすく片付けやすくする事は
自分のためになります。

自分はいつも片付けばかりしていて嫌だなと思う人であるならば
自分しか分からない自分だけが満足できる方法でやっている場合も多いものです。
自分がやらなくても済む収納にすることを心掛けましょう。
自宅の収納を見直してみましょう!
ステイホームの今だから できる事をやっておきましょう!

しかし その前に

自分が本当に望む暮らしを考え
先々まで考えた自分の暮らし方に
ちょっとタイトルを付けてみてはどうでしょうか?

気楽にタイトルやテーマを付けると
自然と そういう暮らしになっていくものです!

ただ家の中を片づけるのではなく
自分のテーマに会うように 住まいを整えると きっと楽しくなります。

働く親と子どもの住まいを考える、 必要条件⑤他人が来る家にする

住まいづくりから働くママを応援しています。
仕事・子育て・家事、そして 自分時間、
どれも大切にして、おうち時間を過ごして欲しいです。

働く親と子どもの住まいを考える、5つの必要条件の5つ目、


⑤自分たち家族だけで子育てをしない。他人が来ることを考えておく。

2020年東京オリンピックのコンセプトにもあった
【ひとり一人が互いを認め合う『多様性と調和』】は
これからの時代にますます必要とされることです。

家族はもちろん、いろいろ人とつながることは
日本だけではなく、世界を視野に入れると 特に大切で必要なことです。

これからの子どもたちに 自宅で暮らしながら多様性の感覚を身に付けてもらうためには 家族以外の全く異なる世代や国籍とふれあうチャンスを作ることです。
家族と異なる意見や考え方、習慣等に触れることに慣れ、 お互いを認め合える広い心の寛容性、ジェネレーションギャップを知ることが大切です。
大人の発言や意見を 自分の親の考え方しか知らないような子どもにしないことです。
いろいろな考えやいろいろな大人がいることを体験として知っていて欲しいのです。
子どもはいろいろな人に接して いろいろな考えや教えをもらうことが必要です。
そこから また自分の考えや思いを再確認できることが大切です。

子どもは社会の宝です。子どもは社会で育てるものです。
だからこそ 『家開き』をして あなたの子どもにも 多様性という広い世界を知るチャンスを与えてあげてください。

働く親と子どもの住まいを考える、必要条件④主体的に行動する動線

住まいづくりから働くママを応援しています。
仕事・子育て・家事、そして 自分時間、
どれも大切にして、おうち時間を過ごして欲しいです。

働く親と子どもの住まいを考える、5つの必要条件の4つ目、

④大人も子どもも 家族みんなが それぞれ主体的に行動できるための収納や動線を工夫する。

主体的な人とは、目的を果たすために何をすべきか考えながら、自分の意志で具体的な行動決定ができる人のことです。

変化の激しいこれからの時代を強く生きるためには、自ら考えて行動することがとても重要です。

自分の考えを主張することなく、大人の指示通りに動ける子どもが「素直でいい子」だと思われがちですが、こうした子どもが大人になって社会に出たときは、周りに流されやすく、指示待ち人間になったりする可能性が高いのです。
自ら考えて行動することができる、主体性のある子どもこそが これからの社会では求められます。

主体性のない子どもは、自分で何かを決めることが不得意で 自分の言動や行動に自信が持てません。そのため、何をするにも不安になり、自分のやっていることを「楽しむことができなくなる」傾向が強いようです。

親の目、先生の目、上司の目、などを気にしながら生きるのではなく 与えられた状況で自分は何をするべきかを考えて決める、やる気を持って取り組む状態が「主体的」なのです。子どもも大人も主体的に取り組んでいる時には、必ず「楽しさ」があります。

しかし 子どもが はじめから何もかも主体的に動けるようになることは難しいです。
主体的に動きやすいように 日ごろから 自宅の中にも工夫が必要です。
主体的に動きやすいきっかけを作っておきましょう!

例えば、食器棚の食器の位置。
子どもが使うものなどは お手伝いしやすい高さや 分かりやすい定位置をしまっておく。
必要なものがどこにあるか 誰でもわかるようにして 出しやすく片付けやすくする収納にすると 主体的に動いてお手伝いしたくなります。

親しかできない、妻しか知らないことをなくし、一緒にできる、誰もが分かる、を心掛けた収納こそ 家族を主体的な人たちにさせていきます。

片付けしようと思ったときに 他の家族とぶつかったり邪魔になってしまうなど 日々の生活で主体的に動きにくい動線もあります。

なんでも気づいたときに その都度改善して 家族みんなが主体的に協力し合える住まいを目指しましょう! 

働く親と子どもの住まいを考える、 必要条件③子どもの環境は年齢で考えない

住まいづくりから働くママを応援しています。
仕事・子育て・家事、そして 自分時間、
どれも大切にして、おうち時間を過ごして欲しいです。

働く親と子どもの住まいを考える、5つの必要条件の3つ目、

③子どもの環境は 年齢で考えるのではなく、
 ひとり一人の身体的・精神的・感情的な発達段階に合わせて
 変化への応用が利くことを考える。


働く親でなくても 子育て中ならば どの親にとっても大切な考え方だと思います。
でも、忙しくて時間のない親にとっては特に意識して欲しいのです。
今 その子が何歳だから これをさせる、とか、何歳になったら始める等、
親自身が 子どもの年齢を考えながら お稽古やお手伝いの学習スタート時期を考えがちです。それは 一つの目安にはなるかもしれませんが 
『わが子はその目安と違っても良い』と思って欲しいのです。
一般的な年齢より、早くなっても 遅くなってもよいのです。
その基準はなく その子自身の発達段階や興味や精神状態を見極めることが一番大切なのです。。

例えば、アフリカの子どもは 生まれた時から 音楽やリズムに触れる機会が多いので
あの素晴らしいリズム感は 年齢に関係なく、2歳になったころには充分、身体中に浸み込んでいるようです。また日本だったら首が座る3ヶ月くらいまではおんぶしませんが 生まれてすぐにおんぶされるアフリカの子は親から離れて早く座れるようになるそうです。生活習慣によっても 子どもの可能性の広がり方は 変わります。

また のんびりした性格で 一つのことに夢中になっているようならば 親自身が慌てず、周りに振り回されない子育てをしましょう!そして その子が集中できるもっと夢中になれる環境を作ることを考えましょう!

同じ兄弟であっても 年齢によって すでに育つ環境は異なってきます。年齢ではなく 一人ひとりの発達段階を見極めて タイミングよくチャンスを与えたいものです。

働く親は 限られた時間内でいろいろなことをしなくてはなりません。
子どもの成長に関われる時間は限られます。早い時期から子どもに意識させることなく 自然とその子にとっての良い環境を作ることを考えましょう。
子どもは自分のペースで成長していくのです。
子どもの成長を見極めながら 無理せず 親の限られた時間を 有効活用しましょう!

働く親と子どもの住まいを考える、 必要条件②限られた時間と限られた空間の活用

住まいづくりから働くママを応援しています。
仕事・子育て・家事、そして 自分時間、
どれも大切にして、おうち時間を過ごして欲しいです。

働く親と子どもの住まいを考える、5つの必要条件の2つ目、

② 家の中でできる限られた時間と空間を活用して 基本的な生活習慣の中にとりいれられることをする。

共働き家庭は、とにかく時間がありません。
特に幼児期から学童期は、帰宅してから寝るまでが とても短く貴重な時間です。
限られた時間の中で、いかに家事を効率的に行い、いかに子どもの個性や自主性を伸ばすかを考えたら、住まいの「環境」を整え、習慣化することはとても大事です。

例えば
・子どもが自分で身支度をしたり、お手伝いをしやすい収納の高さや配置にする。
・料理をしながら 子どもとコミュニケーションをとったり お手伝いしやすいキッチンにする。
・食堂のそばに本棚を設置し、食後はキッチンの片付けをしながら 子どもの読書タイムとして読書習慣を見守る。 
・必要に応じて 聞いてほしい音楽をかけ流す
など、楽しく、有効に時間を使う方法を考えましょう!

つまりは 家事と子育てを同時にすることが 時間の有効活用になります。
限られた時間で 親と子どもの良いつながりができる住まいにしましょう!

働く親と子どもの住まいを考える、必要条件①子どもの居場所と大人の居場所

住まいづくりから働くママを応援しています。
仕事・子育て・家事、そして 自分時間、
どれも大切にして、おうち時間を過ごして欲しいです。

働く親と子どもの住まいを考える、5つの必要条件の一つ目、

① 子どもの居場所と大人の居場所、両方を考える。

家の中でそれぞれの居場所を考えることは とても大切です。
子どものことばかりでもダメ、パパやママたち中心でもダメです。
それぞれ自立した人間が 心穏やかに暮らしていくためには
両方の立場に立った居場所を考えながら
一緒にいることを互いのプラスにしていきましょう。

まず、子どもが成長する場として必要と考えられる居場所は3つ。
①みんなといられる場所(家族・友だち・仲間の存在が感じられる)
②自分だけの世界が確保できる場所(自分のものがある。レゴやプラレールなどのような遊びを続けていられる、勉強し続けられる等…)
③安心できる場所 (眠れる・自由がある・安全な場所)



そして 自宅で大人が欲しい居場所の3つ。
①休養できる場所(自分のための自由な時間的ゆとりがとれる)
②家事がスムーズにできる場所
③自分の場所・仕事関係の場所(在宅勤務やWeb会議ができ、ひとり集中できる場所)


それぞれの場所を 基本的にこのように考えてみてください。

広さ的に無理であっても 時間で活用を分けることができます。
同じ空間でも それぞれ異なる気持ちで共有することもできます。

何よりも大切なことは
そういうそれぞれの居場所が 時間と共に変化しても
フレキシブルに対応可能な作り
にしておくことです。

例えば、
キッチンやダイニングのそばに小さなカウンターを設置した場合。
椅子はなくてもよいです。立ったままの短時間の集中の場になります。
立ったまま勉強する。立ったまま仕事をする。
(最近は 会社でもそんなところが多くなっていますよね。)
活用方法もいろいろできます。
大人が忙しく料理をしている時は 子どものお絵描きや宿題用の場になる。
大人には 短時間パソコン等の仕事の場になる。
夜には 家の中のバルとして 気楽にお酒を飲んだりもできる。
子どもがいるとまとまった時間など ほとんどないはず。
短い細切れの時間を有効活用するためのカウンター活用は便利です!


また例えば、
寝室という個室の考え方ですが 大きな部屋を一つ設置した場合。
特に小学生までは 余程広い住まいでない限りは 子どもだけの小さな寝室より 大きな部屋が一つある方が いろいろな活用が可能になります。
日本の昔の和室の使い方の考えに似ています。時間帯により 寝室になったり、子どもの遊び場になったり、大人のヨガなどの運動スペースになったり、と自由に 大人と子どもの居場所スペースに使用できます。
寝室という個室を 使い方で有効活用できる部屋にするためには 子育て中は 動かせない大人の重いベットは置かず 広々と自由に応用できる部屋にしておくと 制限のないフレキシブルな空間として 有効活用しやすいです。子どもがいても 大人が自分の時間を楽しめる居場所を確保することは とても大切です。



『働くママが普通』になった今、子育て世代の家の必要条件とは?

住まいづくりから働くママを応援しています。
仕事・子育て・家事、そして 自分時間、
どれも大切にして、おうち時間を過ごしたいですよね。

現在は 専業主婦の割合と働く主婦の割合が 30年前とは反転しています。

今の専業主婦世帯の割合は、「厚生労働白書」等の統計によると、約30%だそうです。
特に対象を20歳~64歳に絞ると、その数字は約25%にまで下がるそうです。

つまり、今は 4人中、1人が専業主婦であり 3人は働く主婦と言えます。
たまたま周囲に専業主婦が多くいる場合もありますが、
どちらにしても これからは働く主婦は普通であり増え続けていくのでしょう。

そこで 忙しく働く親にとって 子どもとの暮らし方を考えることは より大切になりました。 そんな親子が暮らす住まいを考えるときに 心掛けて欲しいことがあります。

【働く親と子どもの住まいを考える 5つの必要条件!】

①子どもの居場所と大人の居場所、両方を考える。

②家の中でできる限られた時間と空間を活用して
 基本的な生活習慣の中にとりいれられることをする。

③子どもの環境は 年齢で考えるのではなく、
 ひとり一人の身体的・精神的・感情的な発達段階に合わせて
 変化への応用が利くことをする。

④大人も子どもも 家族みんながそれぞれ主体的に行動できるように
 収納や動線などのハード面を工夫する。

⑤自分たち家族だけで子育てをしない。他人が来ることを考えておく。



どうでしょうか?
働く親の子育ては 時間がとても限られます。
あなたの住まいも ちょっとした意識で 住まいの環境を変えられます。

これから この必要条件を具体的に説明していきたいと思います。

幼い子を育てるあなたへ!幼少期の自宅生活の重要性を知っていますか?

住まいづくりから子育て世代を応援しています。
これから親になる方や幼い子がいる方に 気にかけてほしいことがあります。

子どもの胎児期から未就学期までの環境は
生涯にわたり大きな影響を及ぼすことが いろいろな研究で分かっています。

つまりは お腹の中にいる時から その子の生涯に影響を与えるということ。
親になるって 未来のひとりの人間に とても大きな影響を与えることなんです。

特にその時期の親の所得や社会階層によって 受けられる環境や教育が大きく異なることから 社会的格差は幼児期から始まっているのが現状だそうです。


コロナ禍で世界中の少子化がますます進み 子どもの存在がより貴重となっている今、我々大人は、何ができるのでしょうか? 何を心掛けておいたら良いのでしょうか?
未就学児の子どもが過ごす時間が一番長いのは、自宅であり、その環境がますます重要視されるようになってきました。

日本のこども支援・子育て支援は 日本の経済規模に比べると 大変貧弱なものだと言われています。こどものいる家族を支える公的な補助金は 国際比較でとても少ないのです。

私は 子ども支援・子育て支援は まさに未来の日本の問題だと思っています。次世代をしっかり安定して育てることは 出生率を上げ、少子化の解決にもつながります。

共働きが多くなり、保育園が増えたことにより 今までの乳幼児も 福祉という観点だけではなく 保育され教育される 幼児教育環境 におかれるようになっています。
詳しくは こちら。(文部科学省の説明:ちょっと 堅苦しく難しいかもしれません(;’∀’)

しかし 親が家庭で保育できる場合の乳幼児は 子育ては親がするものという慣習がまだあります。 親が仕事をしていない場合は 一般的には保育園に入ることはありません。特別に意識を持っている親でない限り、保育と教育という幼児教育環境は 家庭だけでは全く行われない状況です。

乳幼児であっても 初めて親になった親以外の人からの 質の良い保育教育を受けやすい社会を作ることは 実はとても大切なことです。その環境は 今は自宅で作られるのです。

仮に 保育園に入れ、 幼児教育環境 を受けられるようになった乳幼児だとしても 自宅での過ごし方をきちんと考えながら 子育てをすることも とても大切です。

子どもの未就学期までの環境は  自宅で親が作っていることを もっと気にかけて欲しいと思っています。子どもの発達段階において とても貴重な時期であることを意識してほしいのです。

子どもの成長は素晴らしいものがあります。
毎日の10分の習慣が その子の一生を左右することさえあります。
子どもの時間は特に貴重なのです。

自宅での 無邪気な子どもとの時間を 叱ったり注意する言葉より
褒めたり、やる気を伸ばす言葉をたくさん発することを 心掛けてください。
毎日1分でも 怒る言葉より やる気にする声掛け習慣が 子どもも親も楽しくします。
親は 子育てができることを大いに楽しむこと! まずは一番大事なことです (^^♪


子育ての環境を考える。育った家が今の仕事の原点【クリエイティブディレクター 佐藤可士和より】


家族それぞれが 部屋に閉じこもらず 自由に使い道を考えられる空間の 20畳ほどのワンルームで育ったという佐藤可士和氏。
まさに 小さい頃の住まいが 今の彼の仕事の原点になっているそうです。

建築家であった父親が 暮らし方を考えて 
家族4人がお互いの場面を共有できるワンルームの家にしたそうです。
そこで空間の面白さを知った可士和少年。

小さい頃の身体中で感じたものは 一生忘れないもの!
親が与えられる環境は 子どもの意志がかたくなになる前の
限られた期間だけなのです。

交友関係が広がると 自分の育った環境を基にして
自分で環境を選んでいきます。

親が楽しんでいる住まいは 子どもも楽しいのです。
親の思いを無邪気に感じてくれるのが子どもです。

続きを読む

子どもを世界で活躍する子に育てたいと思っているあなたへ

不確定な世の中です。
どのように子育てしたら良いかと 迷っている親は多いと思います。

そして 手探り状態で 子どもにいろいろな経験をさせて
とにかく可能性の幅を広げておこう、
その中で 子ども自身が何か得意分野を見つけてくれたらいい、
そうと思っている親は 多いのではないでしょうか?

親は子どものことを思って 今できることをしてあげたい、
そして 親は自分ができなかったことを 子どもにはさせてあげたい、
それは、いつの時代でも 親の自然な思いだと思います。

でもグローバルな今の時代!
親の知っている範囲の中からの選択・経験等を与えていること、
それでよいのでしょうか?

日本だけや狭い地域だけを考えて 物事を判断しようとする親は 
きっと自分自身が 狭い世界で生きてきて
広い世界を知る機会がなかったのだと思います。

親の生き方は 子どもにとても影響します。

大分県の地方から 娘を米ハーバード大に現役合格させた
「世界に通用する一流の育て方」著者 廣津留真理さんは
週末はホームパーティで子どもの社交性を磨くことを意識していた、とのこと!
母親自身が友人や知人と楽しくおしゃべりする機会を作り、
娘にはさまざまなバックグラウンドを持つ人たちと触れ合ってほしかったそうです。
ゲストが持ち寄って手料理をふるまっていると、おいしいご飯の評判を聞きつけて外国人も訪問してくるようになり、彼らと英語で会話を交わしているうちに、娘の英語力と国際的な社交力もついたそうです。
親を通しての子どもの頃からの経験が、社交性や社会性を無理なく身につけられた事例ですね。彼女の子育て方自体には 賛否両論あると思っていますが 親以外の人の持っている利点や欠点を 子ども自身に直接感じてもらう機会として 自宅に人を招いていたことは 私は共感します。

子育てはいろいろだと思いますので
世界で活躍する子に育てなくても良いとも思います。
子どもが幸せになってくれればよいのですから。
しかし 世界で活躍する子に育てようと思って 子育てすることは大切です。

子どもの未来は 子ども自身が決めることです。
子どもにいろいろな経験をさせて、とにかく可能性の幅を広げておこう、と思うならば 親自身が もっと広い視野を持つことが大切になります。

常に新しいことに挑戦する楽天の三木谷氏は 日本の新聞ではなく 世界の新聞を読み、日本の中から日本に必要なことを考えるのではなく、世界の視点で日本に必要なものは何かを考えてきたと言っています。

ソフトバンクの孫氏は 高校時代にアメリカに留学した経験から 物事を見る視点が大きく変わって 今の事業をスタートさせたそうです。 

視野を広める方法はいろいろありますが
親自身が世界の視点を意識していることはとても大事だと思います。


また 単純な仕事がAIにとって代わられる「AI時代」がやってきた今、
人にしかできないことは 人とつながれる人になることです。

親が人とつながり幸せを感じていれば 子どもにも伝わります。
親が 子どもの幸せを願うのと同じように 子どもも親の幸せを願っています。
助け合える友達いる子どもになって欲しいならば
親自身も 助け合える友達がいる親になりましょう!
子どもには 親が信頼できる人とのつながりを持って幸せにしている姿をみせましょう!
小さい頃の子どものコミュニケーション力は 親の姿から学びます。
そして 親を通しての大人たちからも学びます。

世界で活躍する、しないに関係なく
人とつながりが上手くできることは 世界中どこに行っても大切です。

親が視野を広く持ち 親自身が幸せでいることが 最高の子育てなのです

子育てとは「幸せに行きていく術を身につけさせること」なのですから。